転職者プロフィール

性別:女性
現在の年齢:26歳
現在の居住地:岡山県
転職前の仕事:総合病院の看護師
転職後の仕事:治験コーディネーター

(Q)看護師さんから治験コーディネーターへ!!今はどんな業務ですか?

企業の治験コーディネーターの仕事は、担当の病院で診療治験(新薬の開発)がスムーズに進むようにサポートする仕事です。午前中は会社で事務作業を行い、午後から担当の病院に向かいます。臨床治験の被験者の相談窓口としてのサポートも大きな仕事です。

医師の説明の補助をしたり、カルテを確認します。症状や不安を観察して、医師との関係がスムーズに取れるようにします。治験スケジュールの管理も大事な仕事です。この際に服薬状況の確認をしたり、副作用について観察します。また、検査キットで検体を採取し、検査部に送ることもあります。こういった検査データーも管理し、医師や製薬会社と共有します。

そのあとは会社に帰宅して、再び事務作業をします。業務報告や症例報告書作成したり、有害な事象があれば報告書を作成します。新しく治験を開始する予定が入れば、候補をリストアップしたり、治験実施計画書や治験実施に伴うミーティングの資料作成などの準備もあります。製薬会社や医療機関からの問い合わせも多いため、メール対応や電話での大事な仕事です。コミュニケーションを大事にしながら、被験者と医療スタッフ・製薬会社の架橋となり、治験がスムーズに進むように調節するのが治験コーディネーターです。

(Q)看護師の仕事とはやはり諸々違いますか?

前職は総合病院で看護師をしていました。内科系の病棟での勤務で、日勤(8:30〜17:30)・夜勤(16:30〜10:30)の交代制勤務でした。

日勤業務では、1日に入院患者を4〜5人受け持ち、担当患者さんの看護をします。出勤したら電子カルテで情報収集をして、点滴の準備をします。8:30からミーティング、申し送りがあります。午前中は受け持ち患者の検温や症状観察、点滴の交換、モニター管理、吸引などの処置をします。検査やリハビリがあれば移送します。昼食前には血糖測定、インスリン注射、経管栄養の準備をし、昼食を配膳します。患者さんによって食事介助や経管栄養剤を投与し、下膳時は薬の内服確認をします。午後も同様に受け持ち患者さんの検温、症状観察を行い、カルテに看護記録を記入します。また、空いている時間に清拭やシャワー浴などのケアをします。ナースコールが鳴れば受け持ち患者に限らず対応し、トイレ介助などを行います。

入退院が多い病棟だったので勤務中に入院患者を受け入れすることもあります。入院患者を担当すればアネムネ(既往歴などの情報)を聴取したり、持参薬を検査に出したりします。患者に入院オリエンテーションを行い、必要な書類を作成します。 夜勤時は2〜3人体制で、1人10〜15人前後の患者さんを担当します。モニター観察、不安定な患者さんには夜間の検温、ナースコール対応、トイレ介助、夕食の食事介助、おむつ交換、眠前薬の配薬などが主な仕事です。

広く言えば医療系職種ですがやはり大きく違うと思います。

(Q)転職理由はどういったものでしたか?

とにかく看護師時代は時間外勤務が多かったです。出勤時間の1時間前に出勤し、担当患者や新規入院患者の情報収集をします。勤務中も座る暇もなく、電子カルテに看護記録を書く時も立ったままでした。常に人手不足でやることも多く、60分の休憩も45分程度で切り上げていました。残業は平均で2時間・新規入院患者を受け持ったり、担当患者が亡くなったりすると、書類作成やカルテ記載、様々な処理に時間がかかり、4時間は残業していました。残業手当はつきません。また、病棟の外でも研修に参加、委員会活動、院内の研究発表会のための看護研究、自己学習のレポートを作成などの業務がありました。入職して2年経ち、ようやく仕事に慣れてきたと思ったら委員会活動や病棟勉強会、看護研究のグループに入らされ、残業したあとにさらに時間外で雑務を行っていました。

また、3年目になると新人看護師のプリセプター(教育係)を任され、1人の新人に付きっ切りで教えます。これがとても大変でした。新人看護師の受け持ち患者のフォローをしたり、技術チェックリストの項目を評価して達成できるように援助したり、色々な処置や看護技術を教えました。課題を与えてレポートを出し、レポートをチェックしたり、個人面談を行うなどの業務もありました。まだ自分のことで手いっぱいなのに、新人を教えるのはとても大変でした。

とにかく毎日仕事に追われ、自分の時間がありませんでした。交代制勤務なので睡眠リズムも崩れ、夜勤の次の日は休みでしたが、疲れを取るために一日中部屋でぐったりしていました。職場は人手不足で、新人看護師や小さな子供がいる看護師は夜勤が出来ないので、3年目〜5年目の中堅看護師にしわ寄せがいきました。

夜勤を週2回こなし、休みの希望も通らず土日はほとんど出勤、2連休は月に1回しかありませんでした。有休もほとんど消化していません。これだけ働いても残業代が出ず、どんどん新しい業務や責任ある仕事を任されるようになりました。入職4年目になればリーダー業務もあり、更に多忙になりました。 こんな環境なので常に人手不足でした。プライベートの時間がなく、休みの日も不定期で自由に取れません。家族や友人とも休日が合わないのでなかなか会えず、年末年始やお盆も地元に帰省できませんでした。

土日祝に休めて、年末年始や盆も連休が取れるような仕事に転職を希望しました。残業時間は少なくて、せめて残業代がきちんと出る仕事に就きたくて、現職に転職しました。


>>実際にこの方が使った転職エージェントはこちら

(Q)転職エージェントの利用は?評価もあれば教えて下さい。

マイナビエージェントを使いました。評価は以下です。

<1>様々な職種の求人が多い
<2>担当のエージェントがついてくれる
<3>転職のノウハウを教えてくれる
<4>ハローワークにはない求人が多い
<5>自分の新しい強みを見つけてくれた


<1>様々な職種の求人が多い
マイナビエージェントは登録者数が多く、求人数もとても多いです。また、様々な職種の求人があります。 看護師専門の転職エージェントサービスではありませんが、看護師の求人も沢山あります。 メーカー系業種、ITなど、とても多彩な求人がありました。興味をひかれる求人が沢山あり、就職活動をする上で選択肢が広がりました。 マイナビが独占している求人案件もあるため、さすが大手企業だなと感じました。

私は、看護師の仕事にこだわらずに仕事を探したいと思っていたので、色々な仕事を検討する良い機会になりました。 多くの求人があるため、妥協せずに仕事を探すことが出来ました。

「土日休みで夜勤がないところが良い」「看護師免許しか持っていないし他に経験もないけど、病院ではなく民間企業で働きたい」「ビジネスマナーや事務能力が身に付けられるところが良い」

そんな私の難しい求人条件にもマッチする仕事が見つかったのはマイナビエージェントだからこそだと思います。

<2>担当のエージェントがついてくれる
マイナビエージェントでは担当のキャリアアドバイザーがついてくださいます。このキャリアアドバイザーは業界ごとに専任でついています。

なので、その業界の知識が幅広く、企業とのパイプも持っています。非公開求人に関しても、可能な範囲で仕事の内容等を教えていただきました。 「不安なことはどんどん聞いてください」とおっしゃっていただいたので、遠慮せずに何でも聞きました。

求人には書いていないような「人間関係」「残業時間」「休みの取りやすさ」などの情報も持っていて、色々アドバイスをくれました。 業界ならではの大変さなども教えてくださいました。面談をしなくても、メールや電話で気軽に連絡が取れるのも楽でした。 気になったことはすぐに聞くようにしていたので、安心して応募することができました。

今回の治験コーディネーターの仕事は未経験だったのですが、自分の条件にマッチした仕事が見つかったと思っています。 通常の看護師専門のエージェント会社では、こういった求人に出会えなかったと思うので、感謝しています。

<3>転職のノウハウを教えてくれる
私は転職するのはこの時が初めてでした。どうやって転職活動をして良いのかも分からない状態でしたが、転職のノウハウまでサポートしてくださいました。

転職用の履歴書や職務経歴書は初めて書いたのですが、マイナビエージェントの担当キャリアアドバイザーの方に、書類を見ていただいて、アドバイスをくださいました。 職務経歴書の書き方も一から教えていただき、自信を持って応募することができました。

また、見学のアポイントも取って下さいました。私は特に「面接」が苦手だったのですが、転職のプロのアドバイザーの面接対策を受けることが出来ました。 入退室時のマナーから、受け答えまで、かなり具体的なシュミレーションをしました。アドバイスもしっかりもらうことができ、本番に生かすことができました。

キャリアアドバイザーの方は、その業界のことをよくわかっていて、どういう人材を求めているのか熟知しているため、それに合わせた面接対策が受けられました。

<4>ハローワークにはない求人が多い
私は当初は、ハローワークで転職先を探す予定でした。しかし、インターネット広告でマイナビエージェントの転職広告を見つけて、勢いで登録しました。登録してみると、ハローワークより求人数が多くて驚きました。また、キャリアアドバイザーの方の情報量も多く、多くの求人から選ぶことができました。もしマイナビエージェントに登録していなかったら、きっと少ない求人から妥協をして選ぶしかなかったのかもしれません。

マイナビエージェントは大手の会社です。そのため、色々な業種・職種や企業にパイプを持っています。他の転職エージェント会社にもない独占求人もあります。キャリアアドバイザーの情報量も豊富で、応募前に求人の詳細について色々教えてくださいます。

100%自分の条件に合った求人に応募できたのも、マイナビエージェントのおかげだと思います。できるだけ多くの選択肢から選んで応募した方が、妥協せずにより良い求人が見つかると思います。

<5>自分の新しい強みを見つけてくれた
マイナビエージェントの担当のキャリアアドバイザーのおかげで、自分の強みを見つけて転職に生かすことができました。これまで私は看護師の免許・経験しかなく、企業で働く経験がありませんでした。しかし、白衣ではなくスーツを着て働いてみたいという自分の希望に合わせて、自分に合っている企業を紹介してくださいました。 看護師を経験を生かして働ける企業があることを、初めて知りました。企業での治験コーディネーターの仕事は、製薬会社と医師と被験者の間に入り、治験が円滑に進むために介入する仕事です。

これまで病院で看護師として働いてきた経験が強みになると教えてくださいました。また、ビジネスマナーや書類作成などのPCスキルがなかった私のために、研修制度が整っている企業を紹介してくださいました。自分の新しい強みを探していただき、職務経歴書も自信を持って書くことができました。キャリアアドバイザーの方にはとても感謝しています。


>>実際にこの方が使った転職エージェントはこちら

(Q)現職に転職してよかった点挙げるとしたら?

<1>医療の経験を生かして、民間企業で専門職として働ける
<2>土日祝日に休めて、時間外勤務も少ない


<1>医療の経験を生かして、民間企業で専門職として働ける
私は看護師の免許しか持っていなかったので、病院や福祉施設しか働く道はないと思っていました。民間企業で働きたい気持ちはありましたが、スキルも経験もないので躊躇していました。しかし治験コーディネーターの仕事は、看護師としての臨床経験を生かして、企業で専門職として働くことができます。

臨床治験を受ける被験者の方をサポートしたり、医療機関や製薬会社と連携して治験がスムーズに進むようにフォローするのが仕事です。そのため、看護師として病院で働いた経験は全てが役に立っています。過去の経験を生かしながら、治験コーディネーターとしてキャリアアップすることが出来ました。

覚えることが沢山ありますが、新薬の発売のための大きな仕事に関わる事ができる仕事です。治験が無事に終了し、治験に関わった薬が認可・発売されると、多くの患者さんを救うことができます。とてもやりがいを感じます。

看護師以外でも、薬剤師や臨床検査技師から治験コーディネーターに転職した人も沢山います。医療の仕事を生かして民間企業で活躍できる、魅力的な仕事だと思います。 企業で働いたことで、これまでには身につかなかった事務スキルやビジネスマナーなどが身についたことも良い経験になりました。

<2>土日祝日に休めて、時間外勤務も少ない
看護師として病院で勤務していた時は、交代制勤務で残業も多く、休みも不定期でした。それに比べて今の治験コーディネーターの仕事は、夜勤がなく残業も少ないのが魅力です。また、土日祝に休みが取れるのも嬉しいです。予定が入れやすいし、友人とも休みを合わせやすくなりました。色々なイベントやライブに参加しやすくなり、旅行にも行けるようになってプライベートも充実しています。

交代制勤務がなくなって体力的な負担も減りました。休みの日は仕事のことを忘れて楽しむことができ、リフレッシュできるので仕事もますます頑張れます。また、年末年始やお盆も休むことが出来るので、地元に帰省できるようになりました。家族や地元の友人と大事な時間を過ごすことが出来て、本当に転職して良かったと思っています。 有休もとりやすく、ほとんと消化しています。以前は年間休日が100日程度でしたが、今は有休を入れて130日は休めます。休みが増えて、ライフワークバランスが充実しました。

また、残業時間も大きく減りました。以前の職場では、自分がどれだけ頑張っても他の看護師のフォローで残業していました。今は残業時間は月10時間程度で、自分の能力時代で早く終わらせることができます。勿論残業手当も付くので満足です。

(Q)治験コーディネーターを目指す転職者へアドバイスを!

私は、転職する前は不安でした。「全く違う仕事でやっていけるのだろうか」「これまで病院でしか働いたことのない私が民間企業で働けるのだろうか」と、色々と悩んでいました。どうやって転職活動をして良いかも分からず、転職エージェントに登録することにしました。_

マイナビエージェントに登録してキャリアアドバイザーの方に相談したことで、自分のキャリアを生かせる仕事が沢山あることを知りました。転職に関する様々な不安も、ひとつひとつ解消してくれました。求人の細かい情報提供から、今後のキャリアアップのためのアドバイス、職務経歴書の書き方まで相談に乗っていただきました。

そのおかげで、自分が働きたいと思える企業に就職することができました。そして、今はとても満足して仕事をしています。仕事を変えたことでプライベートも充実し、人生そのものが楽しくなりました。それまでの私は生活のすべてが仕事でしたが、そこから解放されました。これから先の長い人生を考えた時に、人生の大半を不満のある仕事をして過ごすより、もっと自分らしく楽しい人生を送りたいと思いませんか?

私は、今の仕事に転職してプライベートが充実したことで、仕事もますます頑張れるようになりました。転職する前は不安でしたが、今は勇気を出して転職して良かったと心から思っています。今のつらい仕事に耐えている人も、仕事を変えることで人生が明るくなると知って欲しいです。転職に関する不安はあると思いますが、まずは気軽に転職エージェントに登録し、求人をチェックしたり、キャリアアドバイザーに相談してみてはどうでしょうか。

相談したからといって、必ずしも転職しなければならない訳ではありません。相談した結果、やっぱり今の仕事を前向きに続ける人もいるし、複数の転職エージェントに相談して検討する人もいます。色々な仕事を比較することで、今の自分の仕事を見つめ直すことができます。まずは相談して、他の仕事に目を向けてみてはどうでしょう。選択肢が沢山あることを知って欲しいです。

どんな仕事に就くかで、生活が大きく変わります。沢山の仕事がある中で、自分に合った仕事や、自分らしく働ける仕事は必ず見つかります。 転職エージェントに登録することで、仕事の選択肢を増やすことができ、自分の仕事の可能性を大きく広げることができます。今の仕事に不満がある人は、ぜひ勇気を持って転職に一歩踏み出してみましょう。

転職体験談一覧

20代で転職エージェントを使い専門商社に転職成功した体験談
転職経験者が語る!法人営業に本当に強い転職エージェントは?
50代の営業部長の転職成功談!実際に使った転職エージェントは?
20代の営業職の転職体験談!実際に使った転職エージェントは?
異業種からシステムエンジニア(SE)へ!使った転職エージェントは?
転職エージェント経由で40代でシステム開発会社へ転職した体験談
プロジェクトマネージャーが本当に使う転職エージェントは?
人材業界に強い転職エージェントは?※20代女性の転職経験者が告白
大手英会話教室の英語講師が使った転職エージェントを公開!
携帯販売員が実際に使った転職エージェントを公開!
タイヤメーカーへ転職した体験談!実際に利用した転職エージェントは?
広告代理店へ正社員で転職した実話!使った転職エージェントは?
看護師が治験コーディネーターになるために使った転職エージェントは?
治験コーディネーターへ転職する時にお勧めの転職エージェントは?
IT企業に転職した体験談!IT企業に強い転職エージェントは?
広告代理店の営業職に強い転職エージェントは?
未経験で税理士法人へ転職!使った転職エージェントは?
WEBデザイナーが転職時に本当に使った転職エージェントは?
40代のマーケティング職の転職成功者が使った転職エージェントは?
英会話スクールへの転職実話!使った転職エージェントは?
大手Sierへ30代女性が転職エージェントを使って転職した体験談
自動車部品メーカーの開発設計へ転職エージェントを使い転職した実話
20代女性が商社の事務職へ転職エージェント経由で転職した実話
医療機器メーカーへの転職で実際に利用した転職エージェントは?
工場勤務で正社員になれた転職エージェントは?
出版社での編集者になるのに使った転職エージェントは?
外資系ブランドへの転職をサポートしてくれた転職エージェントは?
眼鏡販売員になるのに利用した転職エージェントは?
転職エージェントで会計事務所へ転職した20代女性の体験談
転職エージェントで正社員の塾講師へ転職した20代女性の体験談
プログラマが使った転職エージェントは?20代男性の転職体験談
銀行員が予備校へ転職した実話!使った転職エージェントは?