転職者プロフィール

性別:男性
現在の年齢:28歳
現在の居住地:奈良県
転職前の仕事:携帯電話販売員(店長)
転職後の仕事:広告会社の営業

(Q)異業種への転職だったんですね!現職は?

現職はパチンコホール店に特化した広告やイベントを提案する広告の営業をしております。各エリアの担当店舗に出向き現状のヒアリングとイベント実施の提案を行い、イベントの企画をクライアントの意向に基づいた内容で企画していきます。自社に持ち帰り、クリエイティブ部署と上司と企画の打ち合わせを行い作業を進めていきます。クライアントからの原稿の修正があれば、随時修正作業を行い、クリエイティブ部門で再度修正を行ってもらうので作業工程はかなり時間がかかります。

パチンコホール店の求人媒体も扱っているのでイベント広告だけでなく求人広告も作成したりすることもあります。パチンコホール店の営業時間に合わせた打ち合わせや、営業終了後の連絡等になるので、就業時間について残業は当たり前です。パチンコホール店の店長やオーナー様との打ち合わせになりますので色々な方がおられますので、丁寧な対応をしなくてはクライアントを怒らせてしまう事も少なくはありません。丁寧かつ迅速な対応が求められます。営業先は既存のクライアントがほとんどですがまれに新規のクライアントへ営業へ出向くこともあります。新規のクライアント先へ営業に行くときは必ず上司が同行してくれます。

ざっとこんな感じです。

(Q)携帯電話販売をやっていた時はどんな業務でしたか?

前職では某ショップの店長で携帯電話販売員をしておりました。店舗を構えお客様にご来店頂いて、携帯電話の販売、修理受付、契約内容変更、固定電話回線の契約、その他商材の提案、電話応対などを行い契約をして頂くお仕事です。お客様に来ていただかないと仕事にならないので集客を上げるためのイベントの実施や、店舗内のスタッフの育成、スキルアップ指導も行うなどもしてきました。

年中無休営業ですが、毎日何かしらの要件でお客様はご来店されます。契約のご相談や、時にはクレームなどもあります。どんな案件であってもお客様の求めている要望をこちらが理解する事で話がスムーズに進みますし、お客様もこちらの事を信用してくださり契約や相談内容おをお任せ頂けます。

携帯電話は日常に必要不可欠なものとなっているのでお子様からご年配の方まで1人1台保有されている状況ですので、日々変化する携帯電話の市場の流れや新サービスを理解しなくてはならないので、入社時に覚えれば終わりというわけではありません。ベテランスタッフでも日々、勉強する毎日です。幅広い年齢層に合わせた対応もしなくてはいけませんので接客のスキルを日々磨くことも重要な仕事です。マニュアルはありますが、自分なりの接客スタイルを見つけ自分自身を売っていくような仕事だと思います。

(Q)異業種にチャレンジしたきっかけは?

前職ではサービス業だったので、年中無休で毎月シフト制で7〜8回休みで、土日祝や大型連休は取ることできませんでした。営業時間も10時から20時まででしたが、1時間前には出社し開店準備、閉店時間後は閉め作業や残っている作業をしなくてはいけないので最低でも1時間は残業する毎日でした。土日祝も忙しい事は当たり前だったので休憩もろくに取れず昼食は食べられない事が多かったです。

携帯電話ショップはフランチャイズ経営ですので、各店舗にはオーナーがおり代理店として店舗を出店しています。ですので会社によっては規模も給与も待遇も変わってきます。私が勤めていた会社は規模の小さい家族経営の会社だったので、将来性がなく、就業規則もありませんでした。良いように言えばアットホームな会社、悪く言えば決まりやルールがない不安定な会社でした。就業規則もないですし、もちろん有給等もありません。自身の体調不良のために欠勤することになれば別に日を振り替えて出勤しなくてはなりません。給与も勤続年数が長くても給与も上がることもなく、新入社員とほぼ同額の給与です。長く勤めているほうが、仕事量も多い割に給与が新入社員と変わらないのであれば、長く勤めているだけ損をしている気持ちにもなります。

転職を決意した決定的な事柄は、勤続中に結婚し子供が産まれたことです。家族の時間と将来について考えることが多くなり、結果的に転職を決意しました。将来、年齢を重ねても長く働ける会社ではない、子供の学校行事に参加することができない、家族と旅行にいけない、という点が前職の会社でありましたので思い切って転職しました。子供が将来小学生になった時には土日祝が休みとなるので休日は子供のために時間を使いたいですし、子供の成長は一瞬で過ぎ去ってしまいます。子供が大きくなってしまえば家族の時間も減ってしまいます。家族の時間を楽しめるのは、子供が小さいうちだと思いました。その時間を大事にしたいという気持ちと子供にも、子供の頃の記憶として寂しい記憶よりも楽しかった記憶をたくさん残して欲しいという思いから転職に踏み切りました。

また妻も仕事をしており妻とも休日が合わず、すれ違いの日々が続くこともありました。もっと家族の時間が欲しいと妻の希望もありました。お金があっても楽しめる時間がないという状況でしたので、家族の時間を優先したいと考えました。転職の希望条件としては、土日祝休みの大型連休取得可能、安定企業で長く勤めることのできる会社で営業マンとして働きたいと思って転職活動をしました。

(Q)使った転職エージェントについて教えてください。

私はリクルートエージェントを中心に使いました。下記5点が利用してみていいなあとおもった点です。

<1>自身の今の気持ちや要求をざっくばらんに話せたこと
<2>非公開求人が多くあること
<3>自身の要望に合う求人を紹介してくれること
<4>面接の際に企業に合わせた面接アドバイスをくれること
<5>採用が決まった時の条件交渉などを行ってくれること


<1>自身の今の気持ちや要求をざっくばらんに話せたこと
私の場合は、転職理由については明確になっていたのですが、初めての転職活動だったのでどんな風に転職活動を行っていけばいいのかすらわかっていませんでした。かつ、転職先の希望する職種や業界も定まっていなかったので、転職エージェントを利用することにしました。まずは転職エージェントとの面談から始まり、なぜ転職しようと思ったのか、前職での不満点など、素直な自分の気持ちを話すことで、私に向いている仕事をオススメしてくれたり、妥協できる条件や範囲など具体的な企業の絞り込みなどを行ってくれました。私自身の気持ちの整理もしてくれているような面談でした。心理カウンセラーに話しを聞いてもらっている気持ちにもなり、今まで自分の不安な気持ちを周りの人には話せなかった事も自然に話させてくれて、転職で少し不安になっていた気持ちが、前向きな気持ちへと変わっていくことができました。転職エージェントは自身の相談役で心強い味方です。

<2>非公開求人が多くあること
会員登録するだけで閲覧できる求人情報は誰でも閲覧できる情報ばかりですが、転職エージェントに登録すると非公開の求人情報が閲覧できます。非公開求人の中には大手有名企業や、上場企業など安定企業などが多数あります。非公開求人と通常の求人情報を合わせるとかなりの求人情報数になります。大手有名企業や、上場企業のホームページには採用情報がありそこから応募することも可能ですが、大抵の場合は募集を受け付けていなかったり、不採用の結果に終わってしまう事の方が多いと思います。ですが転職エージェントに登録し、その媒体から大手有名企業や上場企業に応募すると、少なくとも自分1人で応募するよりかは書類選考に通る可能性は高まります。転職エージェントは私たちユーザーにだけでなく、企業側ににも私たちの事を売り込んでくれているので、企業側としても人から紹介してもらう方が信用度も高くなりますし、1度会ってみようという気持ちにもなると思います。

<3>自身の要望に合う求人を紹介してくれること
転職エージェントに登録し面談をした際に、担当者が自分の要望をまとめてくれるので、こんな職業やこんな業種の求人情報を定期的にお知らせしますねと言って下さり、毎週数回はオススメ求人と題して、メールで情報を送信してくれます。会員登録するだけの他社求人情報は毎週更新はされますが、自分の希望条件に一致する求人情報が毎週公開されるとは限りません。更新はされているが自分の希望に合わない求人情報だったりすることもあるので、転職活動が長引く原因にもなります。その点、公開求人情報と非公開求人を合わせるとかなりの求人情報を保有しているので更新率も更新量も多いですので、転職活動がスムーズに進みます。そしてこちらの情報も企業側に公開しているので、非公開求人の企業から面接の依頼が来たりと、逆にオファーが来ることもあります。もちろん、気になる企業があればエージェントに相談すれば、どんな企業なのか、社風や残業時間や面接では聞けないことを事前に聞くことができるので応募するかどうかの判断もできます。

<4>面接の際に企業に合わせた面接アドバイスをくれること
応募して書類選考を通過するとエージェントから面接日程の調整の連絡がきます。日程調整も全てエージェントが行ってくれるので企業とのやり取りをすることはほとんどありません。面接日程が決まりましたら、面接前に模擬面接形式で練習を行ってくれます。その際に、面接に行く企業の特徴を詳しく教えてもらえたり、志望動機はこんな風の伝えると好印象だとか、企業側からこんな質問をされると思うので回答の準備をしておいてください等々、本当に手取り足取り教えてくれます。自身でもある程度は応募した企業のことを知るために勉強したり、志望動機を考えたりとしていましたが、エージェントから教えてもらえる情報で十分対応できるので、面接のイメージトレーニングをするだけで面接に挑むことができます。企業の特徴などを事前に教えてくれるので、面接前の不安や緊張もなく面接に行くことができるので面接での印象も変わってくると思います。また面接後も電話連絡をし、企業側の感触なども教えてくれます。

<5>採用が決まった時の条件交渉などを行ってくれること
採用が決まった企業について不明点や不安な点があれば、代わりに企業へ問い合わせてくれ、こちらが採用をスムーズに承諾できるように最後までフォローしてくれます。私の場合は、採用が決まった企業で即決出来なかった理由が、転勤の可能性があるという点でした。希望する条件にはほぼ一致していたのですが、全国転勤があることがネックで辞退しようかと考えていました。転職理由として家族の時間を作りたいと考え転職を希望したにも関わらず、転勤で単身赴任にでもなってしまえば今まで以上に時間がなくなってしまうと思いました。そしてその旨、エージェントに伝えると即企業に連絡し、詳細を聞いてくれました。全国転勤はあるが定期的ではないし給料は少し下がり出世コースからは外れるが、地域限定社員として転勤なしの登録もできるとの回答が返ってきました。転勤になるか転勤にならないかもしれないのに出世コースから外れてしまうよりかは、転勤が決まってから考えればいいかと考え、採用を受けることにしました。


>>実際にこの方が使った転職エージェントはこちら

(Q)転職してみて今の職場はどうですか?

転職して2つ思うことがあります。

<1>給料が平均的に高い会社である
<2>人間力を鍛えてくれる会社である


<1>給料が平均的に高い会社である
業績を上げキャリアアップすれば給与も上がっていく給与体系なので自分の頑張り次第で給与は年々増加していきます。現職は年棒性で、毎期6ヶ月毎に査定されて6ヶ月分の給与が確定します。業績と上司の評価で給与が変わってきますので、社外でも社内でも気を抜けず頑張らないといけませんが、やりがいはあります。基本給のほかに業績給がありますので、クライアントからどれだけ広告費をとれるかの実績で変わってきます。1件とればいくら上がるとかではなく業績の売り上げで判断されるので、1件でも多額の業績を上げることができれば、業績給としては上がる要素となります。

社内の評価は上司の判断になりますので、いかに仕事が出来るというところを上司に気にかけてもらえるかというところが重要になります。いくら業績が良くても上司からの評価が悪ければ、査定に響きます。上司に気にいられなけば、評価もあがらないということです。お互いに人間ですので好き嫌いも、もちろんありますし、それだけで判断されるのは悔しいところではあります。いかに上司にいいところを見せれるかが肝心なポイントになってくると思います。

<2>人間力を鍛えてくれる会社である
現職の会社では今までにないぐらい、自身の精神面を鍛えられています。前職ではまずは、業務内容やマナー、社内ルールから指導され、環境になれてから自分自身をだしていくような仕事の覚え方でしたが、現職ではまったく逆でした。人間としてのレベルを上げるところからの指導からスタートでした。私は中途入社だったのでビジネスマナーは飛ばされ自分自身のメンタルを鍛えるところから始まりました。最初は精神的に参ってしますほどに落ち込みました。今までの自分は社会人としてダメだったのか、人間としてまったくダメな人間だったのではないかと思うぐらい精神的にダメージを受け仕事に行くのが嫌になるぐらいでした。

ですが、その厳しい指導の意図を知らされたときに気づかされたました。この会社は私自身の将来のことをも考えた上での指導なのだと気づかされました。日々の厳しい指導は、私が出来ていないから怒られているのもありますが、私がどこの社会でも通用するような人間として成長させることを優先させてくれていました。仕事内容は後からでもついてくるが、人間力はあとからではついてこない。今まで生きてきた環境があるのでそう簡単には変えられないので、仕事を覚える前に考え方や思考を180度変えさせようという思いがあったそうです。その指導のおかげで辛いことがあってもすぐに立ちなおり前に向かって切り替えることが出来ています。


>>実際にこの方が使った転職エージェントはこちら

転職体験談一覧

20代で転職エージェントを使い専門商社に転職成功した体験談
転職経験者が語る!法人営業に本当に強い転職エージェントは?
50代の営業部長の転職成功談!実際に使った転職エージェントは?
20代の営業職の転職体験談!実際に使った転職エージェントは?
異業種からシステムエンジニア(SE)へ!使った転職エージェントは?
転職エージェント経由で40代でシステム開発会社へ転職した体験談
プロジェクトマネージャーが本当に使う転職エージェントは?
人材業界に強い転職エージェントは?※20代女性の転職経験者が告白
大手英会話教室の英語講師が使った転職エージェントを公開!
携帯販売員が実際に使った転職エージェントを公開!
タイヤメーカーへ転職した体験談!実際に利用した転職エージェントは?
広告代理店へ正社員で転職した実話!使った転職エージェントは?
看護師が治験コーディネーターになるために使った転職エージェントは?
治験コーディネーターへ転職する時にお勧めの転職エージェントは?
IT企業に転職した体験談!IT企業に強い転職エージェントは?
広告代理店の営業職に強い転職エージェントは?
未経験で税理士法人へ転職!使った転職エージェントは?
WEBデザイナーが転職時に本当に使った転職エージェントは?
40代のマーケティング職の転職成功者が使った転職エージェントは?
英会話スクールへの転職実話!使った転職エージェントは?
大手Sierへ30代女性が転職エージェントを使って転職した体験談
自動車部品メーカーの開発設計へ転職エージェントを使い転職した実話
20代女性が商社の事務職へ転職エージェント経由で転職した実話
医療機器メーカーへの転職で実際に利用した転職エージェントは?
工場勤務で正社員になれた転職エージェントは?
出版社での編集者になるのに使った転職エージェントは?
外資系ブランドへの転職をサポートしてくれた転職エージェントは?
眼鏡販売員になるのに利用した転職エージェントは?
転職エージェントで会計事務所へ転職した20代女性の体験談
転職エージェントで正社員の塾講師へ転職した20代女性の体験談
プログラマが使った転職エージェントは?20代男性の転職体験談
銀行員が予備校へ転職した実話!使った転職エージェントは?