転職者プロフィール

性別:女性
現在の年齢:27歳
現在の居住地:東京都
転職前の仕事:シンガポールの航空会社で客室乗務員
転職後の仕事:某大手外資系ブランドの店舗アシスタントマネージャー

(Q)今はどういう仕事をしていますか

某大手外資系ブランドの店舗アシスタントマネージャーをしています。店舗にて主にマネージャーのサポートとスタッフのマネジメントを行っております。マネージャーは数店舗を兼任しているため、週に数日ほどマネージャー代理として店舗の責任者を務めています。朝は朝礼からスタートし、店舗の清掃と小口現金の確認、レジ開けを終えたら、その日の売上目標を挙げて本部へ報告。スタッフの出勤状況の確認と、アルバイトのシフト調整などを行います。アルバイトのシフトは1週間に1度の提出となっており、変更も多々あるため日々の確認が必要になります。

商品の入荷がある場合は、スタッフの人数を増やし、接客と検品を交代で行っています。接客の研修は、入社してから一度本部で行われますが、その後は各店舗の責任者がサポートするため、入って間もないスタッフの育成も並行して行います。マネージャーが不在の際、本部とのスカイプミーティングが入る際はそちらにも代理として出席し、議事録を取ったり、店舗の売上状況やお客様のフィードバックなどを報告します。最近は外国人のお客様も増えており、私が日本語と英語の2か国語話せることもあり、社員の言語研修にも携わっております。言語研修は主に自分の店舗のスタッフに向けて開いていますが、近くの店舗で急な外国のお客様対応がある場合は出張して対応することもあります。

(Q)それまでは客室乗務員だったんですね!大変でしたか?

はい、前職はシンガポールの航空会社で客室乗務員として勤務していました。拠点はシンガポールだったので、内定が決まってから渡航し家を決めた後、4ヶ月の長い訓練を終え、乗務を開始しました。月に日本とシンガポールを7,8回往復します。2ヶ月に1回、アメリカへの長いフライトもありますが、それ以外はほとんど日本線です。1フライトに数名の日本人クルーがおり、私たちの主な役割は日本人のお客様と現地クルーとの間の通訳や日本語での接客、機内アナウンスなどです。

それ以外の業務はほとんど現地のクルーと変わりません。機内の安全確認後、お客様が搭乗したらお席の案内をします。小さなお子様づれやお年寄り、ハンディキャップをお持ちの方へは特に気を配り、こちらからお荷物や機内案内などを率先してお手伝いします。お客様が搭乗したら、手荷物が安全に収納されていることを確認し、おしぼりやメニューカード、イアホンなどを配っていきます。離陸後は、お飲物やお食事を準備し、カートでお客様に配っていきます。宗教上、健康上で食事制限がある方は別メニューを注文されていることが多く、間違えないように注文されたお客様の元へ配っていきます。お食事が終わったら、クルーも交代で休憩をとり、空き時間には免税品販売も行います。

(Q)異業種への挑戦かと思いますがどんな理由で転職しましたか?

転職の一番の理由は健康です。前職では、外国を拠点とし一人で暮らしていく上に、不規則な勤務形態だったため、よく体調を壊していました。シンガポールは1年を通して気温が平均30度ほどあり、四季ももちろん無いため、季節によっては、1日で20度以上差のある日本との往復をすることもあり、体にとても負担がかかっていたと思います。シフトによっては、夜11時に出勤し、朝8時に終わることもあり、体のリズムが狂うのは日常茶飯事でした。不眠症にも悩まされました。また、勤務中に口にできるのはほとんどが機内食です。たくさんの防腐剤が入った機内食も健康に良いとは決して言い切れず、そんな生活が続く中で自分の健康への被害がどんどん心配になっていきました。外資系の航空会社は、国内の航空会社と比べ、手当や給与、ボーナスがとても充実しています。なかなか無い待遇の良さに、身を削ってでも離れることを渋ってしまう人がたくさんいますが、私は特に体調を崩すことが多かった上に、この先長い将来のことも考え、自分の体を優先した結果、転職という選択をしました。

2つ目の理由は、今後のキャリアです。私は元々、ファッションや美容に興味があったため、様々なブランドや化粧品会社などを視野に就職活動をしていました。そんな時にこちらの航空会社の求人を見て、友人と試しに応募して見たのがきっかけでした。運良く、内定をいただくことになり、これも何かのご縁だと思い就職を決めました。元々英語が話せたため、海外生活にはあまり抵抗はありませんでした。しかし、やはり就業して1年がたった頃、以前憧れていた業界で働きたいという想いがまた蘇り、1年半に差し掛かった頃からネットの媒体で求人を見るようになりました。そして働き出してちょうど3年目に、転職エージェントを介して見つけた今の会社に応募することに決めました。同じサービス業ではありますが、やはり前職の会社は体力的にも今後長くキャリアを積んでいける場所では無いなと思い、内定が決まったと同時に辞表を出しました。飛行機でのお仕事は、一度に100人以上のお客様を相手にすることが多く、一人一人のお客様との時間が本当に限られていました。私はサービス業にいるからには、お客様一人一人に全力でできる限りのサービスを提供したいと思っているので、一度に大勢のお客様を対応するよりは一人一人のお客様とお話しながら時間をかけてサービスできる方が自分に合うと思いました。


>>実際にこの方が使った転職エージェントはこちら

(Q)転職エージェントは利用しましたか?

マイナビエージェントを使いました。以下のような点を評価しています。

<1>大手の転職エージェントということもあり安心があった
<2>転職の際に役立つ履歴書や面接のノウハウが充実していた
<3>英語が使える仕事を探しやすかった
<4>求人ページの内容が充実していた
<5>条件検索が充実していた


<1>大手の転職エージェントということもあり安心があった
マイナビ転職はよくTVや雑誌、街中で見かけるため、大手の媒体ということもあり、安心感がありました。初めての転職でしたので、何から取り掛かればいいかもわからず、とりあえず知名度のあるマイナビ転職で探していくことにしました。他にもたくさんの転職エージェントや紙媒体も見ましたが、結局他で掲載されている企業はマイナビ転職でも掲載されていたり、同じ企業でも情報量の差が大きく、結局はマイナビ転職に戻ってきてしまう、といったこともありました。

また、転職経験のある知人や、転職エージェントに実際務める知人などに聞いて見ても、一番名前が挙がるエージェントがここでした。やはりどの検索エンジンでも「転職」というワードで検索したら上位に上がってきます。掲載求人数の多さや、ユーザー登録者数の多さからも、過去のデータで色んな解析をされているだろうし、良いマッチングが期待できました。やはり知名度の高さや評判の良さは、初めてサービスを利用する者からしたら大きな判断基準になると思います。

<2>転職の際に役立つ履歴書や面接のノウハウが充実していた
マイナビ転職は、履歴書の書き方から面接まで詳しくノウハウが掲載されています。どれも無料で見ることができ、久しぶりに履歴書を書く上に、就職経験があるため職務履歴書も書かなければならず、ポイントを押さえながら詳しく書き方が解説されているため、とても重宝しました。また、会社を選ぶポイントや、面接時に確認しておくべき事項などもまとめてあり、日本でまだ社会人として経験がなかった私にとっては知らないことが多く、とても助かりました。

特に、最近よくニュースでも取り上げられる労働時間について。私はその頃、残業を経験したこともなければ、賃金がどう計算されて発生していくかも全くわかりませんでした。会社と契約書を交わす際に、労働時間や労働条件の確認は、お互い今後起こり得るトラブルを未然に防ぐことにもなるため、勉強になりました。外国で働いていた時は、間違っていることは間違っている、自分の意見ははっきり述べると教えられたため、日本独特の質問の聞き方や答え方は実戦でとても為になりました。

<3>英語が使える仕事を探しやすかった
航空会社へ就職する前は、2年間学生時代を海外で過ごしていました。そのため、大学では外国語を専攻し、英語は自分の一番得意とするスキルです。英語を使って就職したいと考えたときに、こちらからの条件に「英語を活かせる」という項目があるのはとてもありがたかったです。マイナビ転職グローバルのほうでは、英語を使って仕事ができる海外勤務のお仕事もたくさん掲載されており、求人を通して自分の視野を広げてくれたと思います。

英語を活かすといっても、今の世の中英語を必須とする業種はさまざまで、自分の興味がある分野を絞るのはなかなか難しいと思っていましたが、勤務地から業種、職種など条件を詳細に設定でき、数多くある求人の中から自分のジャンルを数秒で特定できるのはとても助かりました。また、求人以外にもいろんな国で活躍する方たちのインタビュー記事も掲載されており、ためになるお話を聞けたり、転職活動の気休めに記事を読んではいろんな仕事の体験談が聞けて面白かったです。

<4>求人ページの内容が充実していた
求人1つ1つの内容がとても充実しています。写真付きで紹介されている求人が多く、社内の雰囲気や従業員の方々が訪問せずとも拝見できるのは、イメージもしやすく不安も解消されるためすごくありがたいです。また、社員の方へのインタビューや、実際に取材された記者さんの感想なども載っており、会社だけが一方的に発信する従来の求人媒体に比べて、第三者からみる会社の魅力を聞けるのはとてもうれしいです。

1ページに、大体この会社はどのくらいの規模で商材は何で、求める人材や給与制度、福利厚生の内容など、求職者が知りたい情報で、ふつうはひとつひとつ自分で調べるべき情報がすべて載っていて、時間の無駄なく転職活動を進めることができました。数ある求人の中でも、ほとんど内容の充実さは差がなく、必要以上の情報が載っています。また、デザインの話になってしまいますが、ページのレイアウトもカラフルで、きれいにまとめられておりとても見やすかったです。

<5>条件検索が充実していた
転職活動は、他の会社に勤めながら行うことが多く、且つ早く内定を決めたいという状況が多い中、自分の探している業種や職種、さらにその先の希望部署などまで絞ってくれる条件検索が充実しているのは本当にありがたいです。効率的に会社を絞っていけるため、時間の無駄がなく、自分の経験した業務から絞っていくことも可能なため、的確なマッチングをしてくれると思います。私の場合、英語を使って仕事がしたいということで、まず英語が使える会社から絞っていき、自分の興味のあるアパレルや美容業界に的を絞っていきました。接客を得意としていたため、更にそこから絞っていくと、まさに希望していた業種の求人が一瞬でヒットしました。

また、気になる会社もすでに何か所かあったため、キーワードで一発検索なども並行して利用しました。また、検索条件を見ていくと、これはどんなポジションなんだろう?どんな仕事をするんだろう?という疑問も出るため、そこをクリックして違うジャンルの求人を見ながらいろんなお仕事の内容を知ることもでき、視野が広がったと思います。


>>実際にこの方が使った転職エージェントはこちら

(Q)現職に転職してよかった点は?

<1>自分のやり方でお客様ひとりひとりに時間をかけて接客ができる
<2>自分の得意とする英語を使いながら、仕事上でさらに深く言語を追求し学ぶことができている


<1>自分のやり方でお客様ひとりひとりに時間をかけて接客ができる
前職では、サービス業ではあったものの、一度に対応するお客様の数が圧倒的に多い上、限られた時間の中でサービスを提供しなければならなかったため、もっと時間を使ってこういうことをしてあげたかった、もっとお話しをしたかった、と歯がゆく思うことが頻繁にありました。また、飛行機は一度乗ったら当分乗ることのない方もたくさんいらっしゃるため、再会するお客様はほとんどいませんでした。しかし今は、自分は店舗から動くことはほとんどありませんし、お客様も常連の方々がたくさんいらっしゃるので、会うたびにお客様との距離が近くなっていくのを感じますし、基本的には一対一での接客ですので、自分のやり方でお客様にどう満足していただくかを考えながら対応するのは本当にやりがいがあります。

旅行客の方や遠方から来られる方にはなかなかお会いすることはできないものの、お手紙やe-mailで繋がってくださる方も多く、前のお仕事ではなかなか思うようにできなかった自分なりのサービスを試行錯誤しながら提供するのがとても楽しいです。また来店してくださるよう、日ごろからDMの配信や手書きの葉書などをこまめに送ったり、お客様ひとりひとりのプロフィールをできるだけ覚えるようにし、それぞれのお客様が好まれそうな商品が入荷した際はいち早くお伝えできるよう努力しています。

<2>自分の得意とする英語を使いながら、仕事上でさらに深く言語を追求し学ぶことができている
英語を使いながら仕事をしていくと、日本語でもそうですが、その分野に適した言葉や言い回し、専門用語を新たに学ばなければなりません。私は今のお店に配属されてから、自社の歴史、商品の型から色や生地の名前まですべて英語と日本語で勉強しました。また、流行にも敏感になり、流行っているスタイルも欠かさずチェックして英語と日本語で覚えていきます。デザイナーの想いや、ブランドの方向性などをプラスアルファで知識として蓄え、お客様とお話しするときに商品をどう魅力的に伝えられるかなど、日々追求しています。外国人のお客様は、国や文化により好みお色味や生地、大きさなども違うため、常にお客様からヒアリングをし、英語が理解できるからこそ収集できる情報を最大限に生かし、自分しかできないサービスを作りあげることができています。

もちろん、第二言語なため、完璧ではないのでお客様にうまく伝わらないこともあります。そういう時は、すぐに分からなかった語彙や慣用句を携帯で検索したり、あとで復習できるようメモをとって、次の接客に生かせるよう日々勉強を積み重ねています。もちろん、外国のお客様にも、e-mailやポストカードで定期的に商品の紹介や季節のご挨拶をします。そのような際の独特な英語の表現も、普段から情報を集めて少しでも気持ちが届くようなサービスを心がけています。

(Q)これから転職したい方へ前向きなメッセージをお願いします。

私は小さいころからお洋服やおしゃれが大好きで、いつか憧れのブランドやお洋服屋さんで働きたいというのが夢でした。少し遠回りはしてしまいましたが、今は自分の好きなものに囲まれて、日々刺激的な職場でお仕事ができるのがとても幸せです。もちろん、楽しいことばかりではありませんが、自分のやりがいさえ明確にあれば、どんなことも勉強だと思って前進することができます。

接客業は、日本国内から海外のお客様までいろんな方とお話しができ、交流することができる素晴らしい職業だと思っています。最初はお店のものを気に入ってもらおうと必死に考えて話していた時期もありましたが、私のおもてなしを気に入っていただければそれで十分だと思い始めてからは、お客様の中でも頻繁に会いに来てくださる方が増えたり、プライベートでも仲良くしてくださる方もでてきて、その上商品も気に入ってもらえることが増えました。売り上げを上げることも大事ですが、数字を追いかけてばかりでは、目の前にいるお客様を大切にできなくなります。そしてそれは顧客満足度につながり、結局は自分の成績へとつながる悪循環だと私は思っています。

幸い、私の勤める会社は店舗のノルマだけで店舗のチームで数字を達成していく仕組みのため、社員やアルバイト関係なくみんな仲が良く、仕事熱心です。同じパッションを持った仲間と働いていけるのは、仕事が楽しいと思えるひとつの大きな理由だと思います。このお仕事は経験・資格はほとんど不要です。いきなりマネージャーのポジションを目指すのであれば、多少の経験は必要になってきますが、私はこの会社に入るまでアパレルは一切経験したことのない業種でした。それでも、研修は充実していましたし、先輩や周りの方々がしっかり教育してくださるので、未経験でも仕事を覚えれば自分のやり方であとは楽しくお仕事ができる環境だと思います。また、勤務形態はシフト制のため、お子さんやご家族がいる方は時間に融通が利くことも利点です。毎日いろんな方と出会い、いろんなお話ができる刺激的なお仕事だと思います。

マネージャーのアシスト業務や、スタッフのマネジメントも、少しずつ販売や商品管理のお仕事に慣れてから任されたので、時間をかけながらゆっくり学んでいます。大きな企業ですので、アドバイスしてくださる方は周りにたくさんいます。ラグジュアリーブランドですので、ホスピタリティを学ぶには最適な場所だと思いますし、丁寧なお客様対応はこの先どんなお仕事をしても必ず役に立ちます。お洒落や接客が好きな方は楽しくお仕事できると思いますので、ぜひ応募してみてください!

転職体験談一覧

20代で転職エージェントを使い専門商社に転職成功した体験談
転職経験者が語る!法人営業に本当に強い転職エージェントは?
50代の営業部長の転職成功談!実際に使った転職エージェントは?
20代の営業職の転職体験談!実際に使った転職エージェントは?
異業種からシステムエンジニア(SE)へ!使った転職エージェントは?
転職エージェント経由で40代でシステム開発会社へ転職した体験談
プロジェクトマネージャーが本当に使う転職エージェントは?
人材業界に強い転職エージェントは?※20代女性の転職経験者が告白
大手英会話教室の英語講師が使った転職エージェントを公開!
携帯販売員が実際に使った転職エージェントを公開!
タイヤメーカーへ転職した体験談!実際に利用した転職エージェントは?
広告代理店へ正社員で転職した実話!使った転職エージェントは?
看護師が治験コーディネーターになるために使った転職エージェントは?
治験コーディネーターへ転職する時にお勧めの転職エージェントは?
IT企業に転職した体験談!IT企業に強い転職エージェントは?
広告代理店の営業職に強い転職エージェントは?
未経験で税理士法人へ転職!使った転職エージェントは?
WEBデザイナーが転職時に本当に使った転職エージェントは?
40代のマーケティング職の転職成功者が使った転職エージェントは?
英会話スクールへの転職実話!使った転職エージェントは?
大手Sierへ30代女性が転職エージェントを使って転職した体験談
自動車部品メーカーの開発設計へ転職エージェントを使い転職した実話
20代女性が商社の事務職へ転職エージェント経由で転職した実話
医療機器メーカーへの転職で実際に利用した転職エージェントは?
工場勤務で正社員になれた転職エージェントは?
出版社での編集者になるのに使った転職エージェントは?
外資系ブランドへの転職をサポートしてくれた転職エージェントは?
眼鏡販売員になるのに利用した転職エージェントは?
転職エージェントで会計事務所へ転職した20代女性の体験談
転職エージェントで正社員の塾講師へ転職した20代女性の体験談
プログラマが使った転職エージェントは?20代男性の転職体験談
銀行員が予備校へ転職した実話!使った転職エージェントは?