転職者プロフィール

性別:男性
現在の年齢:31歳
現在の居住地:東京都大田区
転職前の仕事:個別指導塾の教室長
転職後の仕事:英会話スクールのマネージャー

(Q)現職の「英会話スクールのマネージャー」について教えて下さい。

英会話スクールのカウンセラー及びマネージャーとして顧客への営業や教室運営を行なっております。

営業の仕事内容ですが、新規の入会希望の方に対して、入会してもらえるように学習プランをご案内をしていくという形になります。実際にご入会となったらその生徒さんが自身の担当になるので、その後はカウンセリングを通して、生徒さんの学習に対するケアや授業プランの見直しを行なっていき、スクールへの満足度を高めてもらうように取り組んでいきます。またコースの終わりの時期には、継続をしてもらうように再度学習提案をしていくのも営業の大事な仕事です。ですので入会させたら終わり、ではなく、その後も生徒さんに信頼してもらうような関係づくりや、上達を感じてもらえるようなプランづくりをして行くことが大切になってきます。

売り上げのノルマの達成のためには、ただこちらから一方的に入会の案内をするのではなく、相手の気持ちを整理し、いかに生徒さんの目標達成に沿うことのできるプランを提案できるか、また普段から満足できるレッスンになるようクライアントさんとこまめにお話し、継続まで結びつけるかが勝負になってきます。

マネージャーとしては教室全体として売り上げを達成するための戦略立てを行なったり、スタッフの指導や教室の売り上げ状況の管理やエリア全体の企画の進捗状況の確認などを行なっております。スタッフによって得意不得意な分野が違うので、全員が円滑に動けるように自分が指示を明確に出すことが求められる仕事です。

(Q)前職の「個別指導塾の教室長」についても教えて下さい。

前職では、個別指導塾の教室長として、教室運営と小学1年生から高校3年生までの科目指導を行っておりました。

勤務時間帯は午後1時から10時となっており、生徒が来るまでの時間は1日の授業の時間割の作成や指導計画の作成、アルバイト講師のシフトの作成、生徒の事務処理、成績データ入力などを行っておりました。また空いた時間は保護者様との面談を行い、授業の様子や指導計画の報告などをしていました。夕方からは生徒が来校し、1コマ90分で二人を同時に指導するスタイルで3コマ授業を行なっておりました。自身は文系でしたが、中学生までは文系理系を問わず教える必要があり、高校生からは英語を中心とした文系科目を指導していました。また通常の授業に加えて、体験レッスンに来る生徒への授業とその後の保護者との面談も行なっておりました。

定期テストや入試の直前期になると午後の早い時間から生徒が自習に来るので学習サポートをしたり、テスト対策用の学習教材の作成などを実施していました。夏休みなどの長期休み期間は、講習で一日授業を行ない、空いた時間には生徒増加のため、チラシ作成や配布などにあてていました。

運営の仕事でしたので、授業面ももちろんですが、いかに生徒を増やすか、そのためのアクションをしているかという点が評価をされるので、生徒をいかに退学させないか、評判の良い教室を作るにはどうしたらよいかといったということを考え、仕事をしておりました。

(Q)同じ教育業界ですが、転職理由を教えてください。

前職では、中高生とカウンセリングをしながら進路のサポートをしたかったのですが、実際に求められる業務の多くが中学受験の算数指導と、中学入試を希望する保護者様の進路相談という部分が多く、自身の求めている仕事と少しズレがあったことが転職のきっかけです。もともと中学受験に対して私自身が良い感情を持っていなかったこともあり、受験算数への指導や、受験をさせたい保護者の方とお話をすることに対して前向きに取り組めず、あまり仕事を楽しめませんでした。

運営業務をメインに行うので、入社前は教務に関しては一つ得意な科目があれば良いという話だったのですが、配属された教室が中学受験の盛んなエリアでの個別指導塾だったため、実際には中学生までの全ての科目をバランスよく教えられること、加えて中学受験の算数に強い人が求められていました。私は英語をメインの指導科目にしており、中学受験算数は苦手だったため、英語に関してはあまり評価をされず、逆に算数が苦手なことばかりを上司から厳しく指摘をされる環境でした。そのため業務外の時間も算数の勉強をすることが求められ、就業前の勉強会などにも強制で参加をさせられていました。実際休みの日なども問題を解き、かなりの時間を割いて取り組んだのですが、どうしても理系科目が得意な人と比べると差を埋めることができず、会社からの評価が得ることができませんでした。そのため教室の運営で上手くいかないことがあった際には、必ず算数ができないからだと結論づけられてしまい、何も言い返せないのが辛かったです。

また、塾業界はとにかく勉強のできる人がポジションを得られる世界ですので、私が所属していた教室運営の部門だと、実際に授業だけを専門に行う教務課のスタッフよりもどうしても一つの科目の専門性が低くなり、給与面などで差がついてしまうというのも転職の理由の一つでした。会社でポジションを得るために、専門の英語科目で教務の人たちに負けない知識をつけたいのに、教室運営課で求められるのは中学受験の算数ばかりで、日々仕事をしながらやりたいことができない葛藤が溜まっていきました。受験算数は会社でもテストが定期的に開かれることもあり、とにかく業務時間以外はずっと問題を解いているという状況だったのですが、ある日無理がたたって体調を崩し胃腸炎になってしまいました。とても会社に行ける状態ではなかったのですが、教室運営課のシステムが、いわゆるワンオペで、教室長がいないと教室が運営できない状況で出勤を求められたため、転職を決意しました。

現状よりも英語学習を専門分野にして仕事ができる環境であること、もともと生徒と進路指導を通して希望の進路や夢の実現をサポートしたいという気持ちがあったため、転職サイトで英語やカウンセリングというキーワードで探したところ、現職の英会話スクールを見つけ転職をしました。


>>実際にこの方が使った転職エージェントはこちら

(Q)転職エージェントは利用されましたか?

DODAエージェントにお世話になりました。評価できるポイントは多かったと思います。

<1>自分の興味に近い仕事を探しやすく、広げやすい
<2>キャリアカウンセリンラーが親身になってくれる
<3>職務経歴書、履歴書などをWebで作ることができる
<4>面接のポイントなどのコラムやメールなどで読むことができる
<5>似たような経歴の人の転職活動の実態がわかる


<1>自分の興味に近い仕事を探しやすく、広げやすい
自分の興味関心のある分野を登録することが出来るので、自分に合いそうな分野の会社を絞って調べることが可能です。キーワード検索なども活用すれば、今まで全く名前を知らなかったけれども、自分の希望する仕事内容に近いのでは、というような会社がヒットすることがたくさんあります。また一度キャリアカウンセラーによるカウンセリングを受けると、仕事内容だけでなく、給与や勤務時間、福利厚生や職場環境などの面からも自分の希望に近い会社を毎日紹介してくれるようになるので、自分に合った会社がより見つかるようになります。

私の場合、最初は塾業界でばかり探していたのですが、カウンセリング時に英語に関われる仕事でかつ進路指導をしたい、体調を崩した時などにカバーしてもらえるようチームで働ける環境が良いということを伝えたところ、塾以外にも語学スクールや人材派遣会社、コンサルタント会社など、仕事内容、給与、職場環境といった切り口から自分の興味に合いそうな会社を紹介してもらうことができました。

<2>キャリアカウンセリンラーが親身になってくれる
転職サイトに登録して転職活動を始めるとすぐに、キャリアカウンセラーから、私の転職の可能性を広げるためのカウンセリングをしたいと連絡が来ました。正直あまり期待をしておらず、何か得るものが少しでもあればいいなくらいの気持ちでカウンセリングサービスを受けたのですが、非常に親身に対応していただきました。転職の方向性や条件だけではなく、私の気持ちを整理し、私のキャリアから目指せる今後の可能性や、似たような方の過去の転職状況など色々と貴重な情報を教えていただきました。自分だけだとどうしても知っている職種の中からの応募になってしまいますが、カウンセリングをしたことで色々視野を広げることができました。

また私は弱気なところがあるので、自分だけでの活動だと考えもしないような大企業でも、私の経歴の中のこういう点からアピールすればチャンスはあります、というような形でどんどんチャレンジをさせてくれたのも感謝しております。カウンセラーのサポートがなければ、私の転職活動は上手くいっていなかったと思います。最終的には似たような業界への転職となりましたが、活動の中で色々な業界を見ることができ、そのうえで自分には教育に関わる仕事が向いていると判断することもできたので満足しています。

<3>職務経歴書、履歴書などをWebで作ることができる
ネットでの登録の際に、Webで履歴書や職務経歴書を作るので、一度作成するとそのままたくさんの企業に応募することが出来たのは便利でした。書類を作成する上で必要な項目はすでに用意されており、記入をするごとに書類の完成度がパーセンテージで表記されますので、記載内容が不十分なところがあればすぐにわかります。実際、Webでの選考を通過した後、面接で履歴書を再度企業に提出することが求められることも多いですが、Webで前もってまとめてあるので作成が楽ですし、熟考して書いているので面接でも話す内容が自然と整理されます。

また企業に提出するための職務経歴書を転職サイトが作っているフォーマットを使って作成することもできるのも良かったです。必要項目を打ち込むだけで、職務経歴書の形式にしてデータ化をしてくれます。正直、職務経歴書をデータで一から作るのは非常に面倒で作成するのが億劫だったのですが、 作成機能のおかげで時間がない時にもスムーズに作ることができ、面接まで日程が迫ってしまっている時などには非常に助けられました。

<4>面接のポイントなどのコラムやメールなどで読むことができる
サイトのページの中には、面接の中での注意点や、避けた方が良い質問内容などを簡潔にまとめたコラムがたくさん記載をされていて、面接前はそれを読んで臨んでいました。私の場合ですと、自身が何気なくいつも質問していたことが、面接官に悪い印象を持たせる可能性があるということなどもあって、事前に学ぶことが出来てよかったと感じております。他にも、会社への質問事項などを、質問するべき内容がまとめられたコラムや、他の方は実際こんな質問をしていた、というような記事を見て抜け漏れがないかなど整理をしていました。

また面接の前日などは、キャリアカウンセラーの方が、この会社でよく聞かれることや、面接でチェックをされるポイント、会社が必要としている人材像、などをまとめて、メールで送ってくださったので、事前に準備ができ、落ち着いて本番に臨むことができました。実際、前日のメールを読んだ後慌てて返答内容を準備をした質問などを、本番で聞かれることも多かったので、スムーズに返答が出来ることが多かったです。

<5>似たような経歴の人の転職活動の実態がわかる
自分と似た経歴の人はこういう会社を受けています、というようなメールや、同じくらいの年齢の方はこのくらいの数を応募しています、といった統計をベースにした案内が来るので、自分の就職活動の状況が順調かどうかイメージがしやすくなります。転職活動中は書類選考で落ちてしまったり、面接で自信があった企業でも落ちてしまうことがよくあります。

自分の能力が不足しているのでは、何か間違ったことをしているのではと不安になりがちですが、統計をベースにしたロールモデルがあることで、他の人もこれくらいは苦労しているのだとか、自分のやり方が違っているわけではないのだなと、モチベーションを保ちながら活動をすることができました。またサイト上で応募企業のページを開くと、それをベースにして、この企業を受けた人は他にもこういう企業をよく受けているので、こちらもチャレンジしてみませんか、というような形で別の企業のお知らせをしてくれるので、そこから更に自分の興味を広げたりすることもでき、非常に参考になりました。


>>実際にこの方が使った転職エージェントはこちら

(Q)現職に転職してよかった点について教えて下さい。

<1>自分のやりたいことと会社が求めることが一致しており、存分に取り組めるようになった
<2>労働環境の改善と、繁忙期に拘束されなくなった


<1>自分のやりたいことと会社が求めることが一致しており、存分に取り組めるようになった
現職では英語の知識があればあるほど、仕事の評価、成績へと直結するようになりました。知識量ももちろんですが、学習方法や上達のメカニズムなども含めて前職で学んできたことを活かすことができています。とにかく良いのは、英会話スクールなので自分が強化したかった英語科目に集中して仕事ができることです。会社から求められることと、自身が高めたいスキルが一致しており、モチベーションが高く保てます。前職では英語科目に対しては、どれだけ努力をしても会社から評価をされることはなかったのですが、今の仕事では英語に対して専門性を高めることイコール営業成績へとそのまま繋がるため、納得のいく形で評価をしてもらえます。そのため今では、業務でも業務を離れた時間でも、英語に関する知識を増やそうと自然と取り組むようになりました。

また、もともと生徒の希望の進路や夢の実現をカウンセリングを通して具体化し、サポートをしたいという気持ちがありましたので、現職で日々生徒さんとカウンセリングをすることが業務になっていることも自分に合っていると思います。生徒さんとのお話を通して英語に関わる悩みや目標達成のサポートを図るので、話を上手く聞き出すための心理的なスキルなども必要になってきます。会社研修を通してそういった心理的な事柄も学べますし、自分でも興味がある分野でしたので、やりたいことを存分にチャレンジできていると感じております。

<2>労働環境の改善と、繁忙期に拘束されなくなった
塾の仕事は年末年始は小学受験及び大学受験の直前期のため、年末は31日まで、年始は2日から仕事をしなければなりませんでしたが、現職では年末年始にお休みを取ることができるようになりました。実家が地方にあるので、帰省をすることができるようになり助かっています。

前職では会議や勉強会を業務外の時間で行うことも多く、また夏休みなどの子供の長期休み期間が繁忙期となり、その期間は朝8時から夜10時まで拘束をされてしまっていたのですが、今の仕事は繁忙期があまりなく、また会議や研修も全て業務内で実施をしてくれるので、残業時間も月10時間程度で収めることができています。

また現職はシフト制でかつフレックスタイムなので、比較的に自由に休みをリクエストできること、複数のスタッフと働く環境になったので、急な体調不良などもきちんと休みが取れることが嬉しいです。前職では一人で教室運営をしており、代わりが効かないという状態でしたので、体調不良などでも仕事を休むことが難しかったり、また土日は教室が開校するので必ず仕事になっていたため、友人の結婚式など、プライベートにおける大事なイベントに出席することができず、申し訳ない気持ちになることが多かったのですが、現職のシステムには本当に助かっております。

(Q)これから転職したい方へ前向きなメッセージをお願いします。

英会話スクールに転職されるうえで大切なのは、英語が好きなことと、他人の夢をサポートすることが好きという気持ちが大切だと思います。自分の担当している生徒さんの英語はどうやったら上達するのか、その人はどんな勉強法が合っていて、どうしたら続けられるのかを考え、上達させてあげたいという気持ちを持てる人には非常に向いている仕事です。

またこの仕事は、生徒さんの必要性に合わせて、英語に関する知識や情報をうまく伝えてあげられることが理想だと私は考えます。ただ自分の知っていることを一方的に伝えてもうまくいかないですし、逆に知識がないと、生徒さんの気持ちに寄り添うことはできても、サポートすることができません。そういった所に難しさがある分、英語学習を始めた生徒さんと一緒に学習方法を考えたり、学習面で分からないことがある際には解説をしたり、モチベーションが落ちてしまった時には励ましてあげたりと、定期的にお話をする中で生徒さんの変化を見ていくのは楽しいです。一緒に頑張ってきた生徒さんが、テストなどで結果を出したり、お仕事で目標を達成した時の喜びは本当に変え難いものがあります。私がこの仕事をやっててよかった、この仕事は自分に向いているんだな、と感じることの出来る瞬間です。

私自身まだまだ知識不足で勉強中ですが、この仕事を始めたことで、日々の生活の中で英語に対する情報に、前職よりもアンテナを張るようになりました。自身も仕事の中で毎日英語を話すので、日々の仕事で自然と学べている実感があります。この仕事に転職をし、やりたいことができており本当に良かったと思っています。

また自分に合っている仕事に変えたことで、前向きにも努力できるようになり、営業成績も安定した結果を出せるようになりました。現職を始めたばかりの時には前職と比べると少し年収が下がってしまったのですが、前職にいた頃よりも人事査定による評価は非常に良くなったので、今は前職よりも年収を大幅に上げることができています。英会話スクールは外国人スタッフも多い関係上、年功序列というよりは、成績が良いと給与も変化がしやすいと思います。

今回の転職を通して、仕事は自分の興味のあることや、やりたいことをやれる環境に身を置けるのが、一番幸せなのだなと学びました。前職では全く仕事ができなかった自分が、結果を出せるようになったのは、思い切って決断をしたおかげです。

英会話スクールは、働くうえで英語に関する知識はあった方がもちろん武器になりますが、自信が無くても入社後身につけていきやすい環境です。人の目標を達成するサポートをするのが好きという気持がある方、英語が自分のやりたいことだという方には、ぜひチャンレンジしていただきたいです。お待ちしております。

転職体験談一覧

20代で転職エージェントを使い専門商社に転職成功した体験談
転職経験者が語る!法人営業に本当に強い転職エージェントは?
50代の営業部長の転職成功談!実際に使った転職エージェントは?
20代の営業職の転職体験談!実際に使った転職エージェントは?
異業種からシステムエンジニア(SE)へ!使った転職エージェントは?
転職エージェント経由で40代でシステム開発会社へ転職した体験談
プロジェクトマネージャーが本当に使う転職エージェントは?
人材業界に強い転職エージェントは?※20代女性の転職経験者が告白
大手英会話教室の英語講師が使った転職エージェントを公開!
携帯販売員が実際に使った転職エージェントを公開!
タイヤメーカーへ転職した体験談!実際に利用した転職エージェントは?
広告代理店へ正社員で転職した実話!使った転職エージェントは?
看護師が治験コーディネーターになるために使った転職エージェントは?
治験コーディネーターへ転職する時にお勧めの転職エージェントは?
IT企業に転職した体験談!IT企業に強い転職エージェントは?
広告代理店の営業職に強い転職エージェントは?
未経験で税理士法人へ転職!使った転職エージェントは?
WEBデザイナーが転職時に本当に使った転職エージェントは?
40代のマーケティング職の転職成功者が使った転職エージェントは?
英会話スクールへの転職実話!使った転職エージェントは?
大手Sierへ30代女性が転職エージェントを使って転職した体験談
自動車部品メーカーの開発設計へ転職エージェントを使い転職した実話
20代女性が商社の事務職へ転職エージェント経由で転職した実話
医療機器メーカーへの転職で実際に利用した転職エージェントは?
工場勤務で正社員になれた転職エージェントは?
出版社での編集者になるのに使った転職エージェントは?
外資系ブランドへの転職をサポートしてくれた転職エージェントは?
眼鏡販売員になるのに利用した転職エージェントは?
転職エージェントで会計事務所へ転職した20代女性の体験談
転職エージェントで正社員の塾講師へ転職した20代女性の体験談
プログラマが使った転職エージェントは?20代男性の転職体験談
銀行員が予備校へ転職した実話!使った転職エージェントは?